日本で回線混雑時に安定しているのは4Gより5G

日本における5Gエクスペリエンスは従来の4G技術よりもはるかに優れています。まさに5Gは平均的なエクスペリエンスだけではなく、モバイル・エクスペリエンスの一貫性も秀でているのです。たくさんのユーザーが回線を利用してネットワークの使用量が増えて混雑する時間帯の場合、4Gエクスペリエンスの品質は5Gエクスペリエンスよりもはるかに低くなり、ユーザーの問題を引き起こす可能性が高いことがOpensignalの最新の分析で判明しました。

通常、日本でモバイル・ネットワークを最も快適に利用できる時間帯は、午前3時から午前6時までです。この混雑していない時間と比較すると、4Gにおけるユーザーの平均ダウンロード・スピードは午後と夕方になると20%以上低下します。しかし5G通信では午後は約6%の低下と、4Gと比べてかなり速度を維持できています。午後6時以降の速度低下も9.3%~11.2%に抑えられており、この低下率も4Gより良好です。

同様に、1日の混雑時間帯における5Gのビデオ・ストリーミング・エクスペリエンスとモバイル・マルチプレイヤー・ゲーム・エクスペリエンスの品質の低下は4Gより緩やかです。4Gネットワークにおけるビデオ・エクスペリエンスのスコアは、午後と夕方で約4.4%の低下ですが、5Gのエクスペリエンスのスコアの低下率はわずか1.3%~2.1%です。ゲーム・エクスペリエンスにも同様の傾向があります。

1日のすべての時間帯における5Gのエクスペリエンスも4Gよりはるかに優れています。5Gユーザーの平均ダウンロード・スピードは152.1Mbps~171.3Mbpsです。つまり日本における5Gのダウンロード・スピードは4Gの平均ダウンロード・スピードの3.2倍から3.8倍の速さなのです。

ビデオ・エクスペリエンスとゲーム・エクスペリエンスでも、5Gは4Gより高いスコアを出しています。ビデオ・エクスペリエンスではその差が顕著となりました。5Gを使ったビデオ・エクスペリエンス・スコアの上昇は5%~7%ですが、ゲーム・エクスペリエンスの上昇率は2%以下です。これは日本やその他の地域で最も普及している5G技術の種類によるところがあります。現時点で、5Gネットワークとスマートフォン・デバイスの大部分が接続しているのは、モバイル・ゲームなどの遅延に敏感なアプリのエクスペリエンスの劇的な向上を意図していない5G標準の初期バージョンなのです。この部分の変化が始まっているため、5Gゲーム・エクスペリエンスが時間の経過とともにどのように進化するかを調べていくことが重要になります。

現在、Opensignalによる1日のモバイル・エクスペリエンスの一貫性に関する最新の分析では、4Gの現在進行中の問題の1つが浮き彫りになりました。混雑する時間帯における4Gエクスペリエンス・スコアが全時間帯での4Gの平均エクスペリエンス・スコアをはるかに下回ることが珍しくないのです。これにより、ユーザーがネットワーク・エクスペリエンスの品質に問題を抱える可能性が高まり、競合オペレーターへの乗り替えを検討するようになります。

一方日本の5Gネットワークは3.6〜4.6 GHz帯域などの新しい帯域を使うことで回線容量が大幅に増え、5Gエクスペリエンスは混雑時でもかなりの一貫性を保っています。モバイル・サービスは、ユーザーがいつでもどこでも接続できることを可能にします。Opensignalの分析は、従来の4G世代を凌ぐ最新の5Gネットワークのもう1つの利点を示しているのです。

このドキュメントは、英語版の翻訳版です。正確な翻訳を保証するためにあらゆる努力が払われていますが、英語版との間に不一致がある場合は、英語版が優先されます。